完成したひらまつ病院の病児保育施設「ひつじさんの部屋」。4月1日から利用登録を受け付ける=小城市小城町

 小城市のひらまつ病院に、病気の子どもを預(あず)かる病児保育施設(ほいくしせつ)が完成しました。「ひつじさんの部屋」という名称(めいしょう)で、インフルエンザなど感染(かんせん)力が強い子ども向けの個室(こしつ)も備(そな)えます。当面は市内の乳幼児(にゅうようじ)から小学3年生までを対象に4月1日(ついたち)から登録を受け付け、同月中旬降以(ちゅうじゅんいこう)、受け入れを始めます。
 施設は木造(もくぞう)平屋建てで、延(の)べ床(ゆか)面積131平方メートル。保育室1部屋と、感染症(しょう)の子ども向けの個室が3部屋あります。各部屋に洗面所(せんめんじょ)とトイレを備え、一般(いっぱん)保育室との感染防止(ぼうし)のため入り口も2カ所設(もう)けました。保育士2人と看護師(かんごし)1人が交代で見守り、病状(びょうじょう)に応(おう)じて小児科医(しょうにかい)が対応(たいおう)します。
 定員は1日6人で、平日午前8時から午後6時まで受け入れます。利用料は1日1000円、半日(4時間以内)500円。弁当(べんとう)や薬は持参します。
 市によると、市内の病児保育施設は2カ所目。受け入れ人数が限(かぎ)られるため、市外の施設を利用する子どもも多く、昨年度は佐賀市と江北町の計3施設で延べ216人に上りました。
 3月23日に現地(げんち)で完成式典が開かれ、ひらまつ病院の平松克輝(ひらまつかつき)理事長は「住んでよかったと思ってもらえる地域(ちいき)になるよう、働く親たちを支(ささ)えていきたい」と述(の)べました。(3月30日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加