鳥栖市は1日、隣接する福岡県久留米市で複数の新型コロナウイルス感染者が確認され、県内でも感染が続いていることを受け、3月末までだった施設の休館を4月末まで延長することを決めた。

 不特定の利用者が見込まれる市民体育館、市立図書館などの休館を延長する。市民球場や運動広場など屋外施設も利用者把握のため、使用を市民に制限する。小中学校の体育館は教育的配慮から、少年野球やジュニアバレーボールなど市内小中学生の団体利用のみ使用可能にする。

 また、西松浦郡有田町は伊万里市での感染者確認を受け、一部の公共施設を当面の間、休館にした。

このエントリーをはてなブックマークに追加