マスク姿で満開の桜を見ながら公園内を散歩する家族連れ=2日、佐賀市の神野公園

 佐賀市の佐賀地方気象台は2日、敷地内にあるソメイヨシノの標本木が満開になったと発表した。平年より1日早く、昨年より1日遅い。

 佐賀市の神野公園では敷地内の約600本の桜がほぼ満開になり、好天に誘われた人たちが散策していた。遊具で遊ぶ子どもたちの歓声が響く中、マスク姿も目立ち、新型コロナウイルスへの警戒感もうかがわせた。

 マスクを着けて夫や友人と園内の桜を眺め歩いていた佐賀市の70代女性は「桜は毎年、県外へ見に行っているけど今年は控えた。でもそのおかげか、佐賀の桜のきれいさに改めて気付けた」と笑みをこぼした。

 気象台によると、県内は今週末にかけて晴れが続く見込み。4日から5日には寒気が流れ込み、風が強まる可能性があるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加