桜と菜の花、宮殿を模した建物が共演=有田町の有田ポーセリンパーク

 有田町戸矢の有田ポーセリンパークで、桜と菜の花が見頃を迎えている。ドイツのドレスデンにあるツヴィンガー宮殿を模した建物を背景に、ピンクと黄色の花が春の風に揺れている。

 花々は“宮殿”の奥にある芝生広場で共演。約10年前にソメイヨシノ200本を植樹した。菜の花はそれ以前から広場を彩ってきたという。

 日本の春を告げる2種類の花と、欧州の荘厳な雰囲気を感じさせる建物の共演が、同パークならではの景色を生み出している。

このエントリーをはてなブックマークに追加