あまり手入れをしていない庭の花壇にもスイセンや花ニラが咲き、2本の大きな桜の木も見事に満開になりました。晴れた日には深く深呼吸をして、すがすがしい春の日を迎えたいのに、なんだかすっきりと喜べないのが残念ですね。

 子どもたちは早くから春休みになり、家に引きこもっていますが、裏の空き地をぐるぐると散歩して運動は欠かさないようにしています。宿題も早々と終わってしまい、1日中、「ユーチューブ」(動画投稿サイト)というわけにもいかないので、一緒に編み物を始めました。

 海のマイクロプラスチックが問題になっています。台所で使う食器洗いのスポンジからもたくさんのプラスチックが流れていると聞き、オーガニックコットンの糸でエコたわしを編みました。最初は、へんてこな形のものができていましたが、すぐに上手になって、今では1時間くらいでサササッと編んでしまいます。子どもってすごいですね。(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加