全国的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染症指定医療機関の佐賀県医療センター好生館(佐賀市嘉瀬町)は1日、医薬情報担当者(MR)や医薬品メーカー関係者に、病院への訪問自粛を通達した。訪問自粛は無期限で「新型コロナに限らず、感染症につながるウイルスなど病原体を院内に持ち込ませないための措置」と話している。

 取引のある県内外のMRや医薬品メーカー約50社に通達した。医薬品や医療機器の営業活動や説明会、医療従事者への個別訪問の自粛を要請している。

 好生館は「なるべく外部接触を最小限にしたい。訪問が不可欠な場合は事前に連絡してもらい、接触は限られた場所になる」と説明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加