佐賀県は1日、人権問題専用の相談窓口を新設した。差別や性的指向などの相談を一括して受ける。関連部局や各市町と連携し、解決に取り組む。

 人権・同和対策課内に「人権啓発センターさが」を立ち上げた。専任職員3人を置き、相談を交通整理して担当部局や各市町につなげる。市町によって濃淡がある取り組みを底上げするため、職員研修も担う。

 県にはこれまで専用の相談窓口はなく、県と各市町はそれぞれで人権問題に取り組んできた。

 県県民環境部の原惣一郎部長は「東京五輪や2023年の国民スポーツ大会に向け、県民の隅々まで人権意識が届くように協力していこう」とあいさつした。

 受付時間は平日の午前9時から午後5時までで、電話は0952(25)7229。

このエントリーをはてなブックマークに追加