テレビ会議システムを使って開かれた入社式で、マスクを着用して自己紹介と抱負を述べる新入社員=唐津市の宮島醤油

 唐津市の宮島醤油(宮島清一社長)は、本社と東京営業所、主力工場の宇都宮工場の3会場を、テレビ会議システムでつないでの入社式を開いた。

 例年は合同で開いているが、今年は感染防止のため、会場を別にして実施。入り口でのアルコール消毒やマスクの着用などを徹底していた。

 前日、半世紀以上にわたって社長を務めた宮島傳兵衞氏が死去した。宮島清一社長の訓示は宮島治常務が代読し、傳兵衞氏も大切にしてきた「去華就実(きょかしゅうじつ)」など三つの言葉を贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加