二宮洋二頭取(右)から辞令を受け取る新入行員=佐賀市松原の佐賀共栄銀行本店

 佐賀共栄銀行(二宮洋二頭取)は佐賀市の本店で入行式を開いた。昨年までは店舗数の減少に伴い採用を抑制していたが、今年は昨年より16人多い、新卒と中途採用の計19人が式に臨んだ。

 二宮頭取は経営理念を紹介した上で「『ノルマだから』と後ろ向きではなく、『あのお客さんに会いたい』、そういう日々を過ごして」と激励。新入行員を代表し、佐賀市の若宮支店に配属される糸山友梨さん(22)が「新型コロナの難局を乗り越えるため、若い力や柔軟な発想力で、地域経済の発展に最善を尽くす」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加