新規採用職員を代表し、抱負を述べる菊池あゆみさん(中央)=佐賀県庁

 県庁で行われた辞令交付式では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、出席した145人の新規採用者が間隔を空けて並ぶなどした。山口祥義知事が「心から歓迎したい。みんなで一緒に新しい佐賀県をつくっていきましょう」と呼び掛けた。

 採用149人中、民間企業などの経験者の採用は過去最多の27人に上った。辞令は、金融機関から転職した産業政策課の菊池あゆみさん(31)が代表して受け取り「県民の皆さまの豊かな暮らしを支えるために、誠心誠意職務を全うすることを誓う」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加