九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)に関し、安倍晋三首相は1日の参議院決算委員会で「国土交通省において、佐賀県と整備のあり方について積極的に協議を進める。これにより、整備計画路線の確実な整備にめどを立てる」と述べた。国交省によると、安倍首相が長崎ルートを名指しして国会答弁をするのは初めて。

 自民の舞立昇治議員(鳥取・島根)が基本計画路線になっている山陰新幹線などについて質問した。安倍首相は、新幹線ネットワークの整備は地方創生や災害時にも重要な役割を果たすとの認識を示した。その上で「九州新幹線の新鳥栖―武雄温泉間については」と長崎ルート未着工区間に言及し、「整備計画路線の確実な整備にめどを立てる」と答弁書を読み上げた。

 長崎ルートの未着工区間を巡っては、佐賀県と国交省が協議入り前に事務レベルで調整を続けている。国交省は、鉄道局長と山口祥義知事の面会を経て協議入りしたいとの意向を伝えている一方、県は事務レベルでの調整を求めている。

 国交省幹線鉄道課は「総理から『しっかり協議を』と言われたので、国としては速やかに県との協議入りを目指したい」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加