小城市の絵画グループ「虹の会」は3月31日までの4日間、市内で30回目の絵画展を開いた。1年間の集大成と位置付ける展覧会で、身近な風景や家族、恩師を描いた油絵など約30点を展示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加