唐津くんち13番曳山(やま)「鯱(しゃち)」(水主町)の31年ぶり4回目の保存修復工事が、唐津市北城内の西ノ門館「曳山の蔵」で行われている。現在、輪島塗の職人たちが下地漆を塗る工程に取り組んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加