県立図書館は本年度の古文書講座の受講生を募集する。地域の歴史を記録した古文書を読み解くために必要な知識を身に付ける。締め切りは12日(消印有効)。

 理解度別に全6コースある。文字を崩した崩し字や返読(へんどく)、候文など基礎を学ぶ「初級編」から、古文書を読み解いて歴史的背景を理解する「応用編」がある。講座を受講し、50単位を取得すると認定証がもらえる。単位認定者向けの「実践編」コースもある。

 講座は5月から(応用編コース1は6月から)で、1回当たり1時間半。コースによって講座の回数は異なる。県立図書館職員や大学准教授などが講師を務める。受講無料(初級受講者はテキスト代が必要)。

 申し込みは申込書に記入し、県立図書館に持参するか郵送、ファクス、メールで受け付ける。申込書は県立図書館でもらうか、同館ホームページからダウンロードできる。

 問い合わせは県立図書館、電話0952(24)2900。ファクス0952(25)7049。メールsaga-kentosyo@pref.saga.lg.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加