手話、要約筆記、筆談は聴覚障がい児・者にとってコミュニケーションを取るために必要な言語で、情報を得る大切なツールだ。唐津市の手話奉仕員養成講習会は1992年から始まり、28年間続いている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加