佐賀県は、新型コロナウイルス感染症の感染を判別するPCR検査の実施状況をホームページで公開している。2月18日に最初の検査を実施して以降、連日数件ずつと1桁台を推移してきたが、伊万里市で県内2例目の感染者が確認された3月31日は14件と、1日の検査件数としてはこれまでで2番目に多かった。

 1日の検査件数で最も多かったのは、県内初の陽性患者が発生した3月13日の翌14日で、接触者23人を含む26件を行った。その後は19日に11件の検査が実施されたが、22日は0件と少ない状態だった。

 県によると、3月31日時点で累計151件の検査を実施し、陽性は2件。県内での検査は現在、1日最大32件を実施でき、4月以降は検査機器を1台増やす予定で、最大48件が可能になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加