【ワシントン共同】米金融大手ゴールドマン・サックスは3月31日、新型コロナウイルスの悪影響で4~6月期の米実質国内総生産(GDP)が前期比の年率換算で34%減に落ち込むと予測した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加