佐賀県DV総合対策センターの所長に、県医療センター好生館の前看護師長の菖蒲庸子氏が4月1日付で就任する。任期は来年3月まで。

 センターを運営する「県女性と生涯学習財団」が選任した。看護とマネジメントの経験や実績、関係機関とのネットワークなどを評価したという。菖蒲氏は好生館を3月末で退職した。

 前任の原健一所長は2007年に公募で就任し、来年3月の任期満了を前に退職した。

このエントリーをはてなブックマークに追加