環境省は31日、絶滅の恐れが極めて高いジュゴンが海草を食べたとみられる跡を、沖縄県の伊良部島と波照間島の沿岸で初めて確認したとの調査結果を発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加