フランスの国立美術学校に学び、10年ほどフランスに滞在。帰国して佐賀にアトリエを構え、どの団体にも所属せず絵一筋で55歳で亡くなった画家の萩原俊樹(1949~2005年)さん。 姉の佐藤信子さん(75)は、佐賀市赤松町で経営する書道用品の店に、弟の俊樹さんを知ってもらいたいと油絵や小品を飾っている。