神戸市は30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で失業したひとり親を支援するため、最長1年の任期付き職員として採用すると発表した。31日から募集を始め、上限は100人。市によると、こうしたひとり親への支援策は全国初とみられる。

 市内在住で18歳未満の子どもを持つひとり親が対象。性別や年齢の制限はない。正規か非正規かを問わず、雇い止めや会社の倒産に加え、子どもの休校に伴って離職した親も対象とする。書類や面接で雇用の可否を判断する。

 任期は原則半年で、最長で来年3月まで延長が可能。勤務体系はフルタイムかパートを選ぶことができ、これまでの職歴や本人の希望に合わせて配属先を決める。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加