福岡県福岡市は30日、新たに同市南区の20代女性とその子どもの0歳女児が新型コロナウイルスに感染したと発表した。北九州市も同日、新たに小倉北区の60代男性1人の感染を確認したと発表した。県内での感染確認は29人になった。

 福岡市によると、女性は海外渡航歴はなく、28日に感染が確認された60代男性の同居の娘。無症状だったが、男性の濃厚接触者として29日にPCR検査を受けた。

 北九州市によると、小倉北区の60代男性は基礎疾患があり、23日に市内の医療機関に入院。入院中に発熱があり、PCR検査を実施した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加