新型コロナウイルスの感染予防でマスクの品薄状態が続く中、杵島郡江北町に工場を構えるイイダ靴下が、布製マスクを作り、販売を始めた。 2種類のうち一つはガーゼ素材を二重構造にした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加