【北京共同】北朝鮮外務省は30日「新任対米交渉局長」の談話を発表し、ポンペオ米国務長官が北朝鮮に対する圧力維持を訴えたことを「妄言」と非難、対話意欲をなくしたと強調した。朝鮮中央通信が伝えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加