マスク姿で出勤する人たち=26日、東京・丸の内

 新年度の4月1日から食品や金融サービス、レジャー施設の値上げに加え、レジ袋有料化などが相次ぎ、家庭の負担が増す。新型コロナウイルス流行に伴う不況入りが懸念され、収入の細る家計には厳しい逆風だ。改正健康増進法が全面施行され、新たに飲食店や職場、鉄道が原則禁煙になる。残業時間上限規制の対象が大企業から中小企業に広がるなど「働き方改革」も転機を迎える。

 物流費高騰などが響くのは家庭用食用油だ。日清オイリオグループは1日、J―オイルミルズは20日から、出荷価格を1キロ当たり20円以上高くする。1日には日本郵便が配送サービス「クリックポスト」の運賃を上げる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加