新型コロナウイルスによる肺炎のため、タレントの志村けんさんが死去したことを伝える大阪・道頓堀のモニター=30日午後

 国民的人気を誇った「ザ・ドリフターズ」のメンバーなどとして活躍したタレント、志村けんさん(70)の新型コロナウイルス感染による訃報に接し、芸能界からは悼む声が相次いだ。

 共演した歌手でタレントの研ナオコさんはツイッターに「何も考えられません 悲し過ぎて あり過ぎる想いが整理できません」とつづった。

 「言葉を失うほどの衝撃です」。落胆し切っているのは映画監督の山田洋次さん。志村さん主演映画「キネマの神様」で脚本と監督を手掛け、4月上旬から撮影開始予定だった。「喜劇の世界の宝でした。その存在がどれほど貴重だったか。早死が悔しく、残念で残念で仕方がありません」

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加