ひきこもり状態にある人への質問

 急病などで困った時に頼れる人がいない―。ひきこもりの人の28・3%が深刻な孤立状態にあることが、経験者らでつくる一般社団法人「ひきこもりUX会議」(東京)の実態調査で分かった。「ひきこもっていることがつらい」との回答も58・1%に上り、同会議は「ひきこもりは甘えと見られがちだが、大半が生きづらさを抱え、苦しんでいる」としている。

 調査は昨年10~11月、ひきこもりの当事者や経験者らを対象にインターネットや書面で実施。有効回答は1686人で、うち940人が「現在ひきこもり状態にある」とした。「これだけ多くの当事者の声を集めた調査は例がない」(同会議)という。

 ひきこもり状態にある人は30代が36・1%で最も多く、40代(27・1%)、20代(24・2%)が続いた。平均期間は10・6年で、年代が高いほど長い傾向にあった。ひきこもり状態は「とてもつらい」が29・1%、「つらい」が29・0%で、約半数が「生活費に困っている」とした。

 ハローワーク、地域若者サポートステーションなどの就労支援サービスや、行政機関のサービスには、全体の9割近くが課題を感じていると回答。自由記述には「ハローワークで説教された」「話を聞いてもらえなかった」などが寄せられた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加