米アボット・ラボラトリーズが開発した新型コロナウイルスの検査機器(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米医薬品・医療機器大手のアボット・ラボラトリーズは29日までに、5分で新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認できる検査方法を開発し、米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可を受けたと発表した。

 近く米国の医療現場で展開する。1日当たり5万件の検査ができる。判定に数時間かかるとされる現行の検査と比べ、大幅に時間を短縮できる。検査機器は小型のトースターサイズで約3キロと持ち運び可能。

 アボット社は、FDAからすでに使用許可を受けている方法と合わせると、1カ月で500万件の検査ができるようになるとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加