樋口久俊市長(左)にマスクを手渡すイングの篠原昭三社長(右)=鹿島市役所

 新型コロナウイルス予防でマスクが不足することを受け、鳥栖市の不動産業「イング」(篠原昭三社長)は27日、鹿島市にマスク2000枚を寄贈した。市は、重症化の危険性が高い市民ら約280人に郵送する。

 同社は鹿島市のボートレースチケットショップ鹿島の施設を所有する。市役所で開かれた贈呈式では、篠原社長は「感染が広がっている状況なので、いくらかでも貢献になれば」とあいさつ。樋口久俊市長は「ウイルスという見えない相手に対する心配の声は多い。ありがたい」と述べた。

 市は人工透析を受けていたり、呼吸器疾患があったりする市民に10枚ずつ郵送する。不足分は、市の備蓄から配布する。

 イングは、業務に使用するため数年前に購入したマスクを鳥栖市などにも寄贈している。

このエントリーをはてなブックマークに追加