【マニラ共同】フィリピンのマニラ国際空港で29日、羽田行きの小型機が滑走路で炎上した。警察によると、格安航空会社(LCC)のチャーター機で、国籍などは不明だが、医師や患者ら計8人が搭乗していたとの情報がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加