アレクサンドラ・トルソワ(タス=共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケート女子でフリー世界最高得点を保持するロシアのアレクサンドラ・トルソワ(15)が新型コロナウイルス対策でモスクワ市が海外からの帰国者に取っている措置に基づき、家族とのエジプト旅行後に2週間の自主隔離に入った。ロシア通信などが29日、報じた。

 家族と27日にエジプトから帰国し、その後、自宅での隔離期間に入ったという。

 トルソワは3月にモントリオールで予定され、新型コロナウイルスの感染拡大で中止になった世界選手権のロシア代表だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加