スミレキッチン

 佐賀市諸富町にあるかやぶき屋根の古民家が目印、パスタ&旬彩和ダイニング「スミレキッチン」。「ちりめんじゃことキャベツのペペロンチーノ」は、たっぷり盛られたピリ辛のじゃこに、キャベツの甘みが際立つ。

 オーナーシェフの目野信也さん(43)は、すし店で15年、イタリアンで4年修行し2015年4月に同地で独立した。地産地消と手作りにこだわり、洋食に和のテイストを取り入れたメニューを提供する。

 パスタランチセット(1000円)は、5種から選べるパスタとサラダにドリンクが付く。ニンニク、オリーブオイル、唐辛子でじっくり味を引き出したじゃこに、春キャベツならではの食感と甘みが楽しい。

 サラダの自家製ゴマドレッシングは、600円(容器持参で100円引き)で持ち帰りもできる。オープン当初から人気のおからはセルフサービスで、目野さんは「子供から『おいしい』と言ってもらえるとうれしい」と目を細める。

 唐津焼など土物の器を使って出される和テイストのイタリアンは、女性客にも大人気。ランチ時には開店前から行列ができるほど人気を博す。ランチは予約不可、ディナーは予約を勧めている。

▽佐賀市諸富町山領343-1

▽11時半~15時(ラストオーダー14時半)、18~22時(ラストオーダー21時半)

▽月曜定休(祝日は翌火曜休)

▽電話0952(97)6734

このエントリーをはてなブックマークに追加