日本政府は、弾道ミサイルとみられる北朝鮮の飛翔体について、北朝鮮東岸から北東方向に2発発射され、最大約250キロ飛翔したと推定されると発表した。北朝鮮の東北部沿岸付近に落下したものと推定されるとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加