ジョセフ・ロウェリー牧師=1988年1月(ロイター=共同)

 ジョセフ・ロウェリー牧師(米公民権運動の指導者)AP通信によると27日、南部ジョージア州アトランタの自宅で死去、98歳。60年代に黒人の地位向上を目指す公民権運動を率いたマーチン・ルーサー・キング牧師と親交を深めた。

 21年南部アラバマ州生まれ。50年代にキング牧師と出会い、後に公民権運動の中心的役割を担う南部キリスト教指導者会議の立ち上げに尽力。64年の公民権法成立へとつなげた。

 オバマ大統領誕生を後押しし、09年1月の就任式では祝辞を述べた。同年、オバマ氏から文民に贈られる最も名誉ある「大統領自由勲章」を授与された。(ロサンゼルス共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加