1年の養成課程を修了し、プロのボートレーサーとして第一歩を踏み出した常住蓮(左)と上瀧絢也=福岡県柳川市のボートレーサー養成所

ボートレーサー養成所(福岡県柳川市)の第126期選手養成員24人の修了(しゅうりょう)式がこのほど行われ、佐賀県関係では、常住(つねずみ)蓮(れん)選手(19)=唐津市出身=と上瀧(じょうたき)絢也(けんや)選手(23)=佐賀市出身=の2人が養成所を旅立ちました。5月13日からボートレースからつ(唐津市)でプロデビューする予定です。
 常住選手は小学時代から野球一筋(ひとすじ)で、唐津工高3年時は夏の県大会で二塁手(にるいしゅ)として先発出場を果たしました。一方で、幼少(ようしょう)の頃(ころ)から祖父(そふ)に連れられてボートレースからつに行き、その迫力(はくりょく)に魅了(みりょう)されました。
 高校を卒業してすぐに養成所に入学。「当初は親に会えなくてつらい部分もあった」そうですが、入所前に祖父から掛(か)けられた「全力でやってこい」との言葉を胸(むね)に、「このチャンスを絶対(ぜったい)逃(のが)さない」と歯を食いしばりました。
 上瀧選手は、日本モーターボート選手会会長でボートレースの最高峰(さいこうほう)に位置づけられるSG(スペシャルグレード)競走を過去(かこ)4度制(せい)するなど輝(かがや)かしい実績(じっせき)を誇(ほこ)る和則(かずのり)さん(51)を父に持ちます。高校まで野球に取り組みましたが、「小さい頃からボートレースが身近にあった。自然な流れだった」と、日大在学(ざいがく)中に養成所入所試験に挑戦(ちょうせん)しました。(24日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加