大会記録集を紹介する佐藤雄貴さん=佐賀新聞社

第43回全国高校総合(そうごう)文化祭(2019さが総文)の大会記録集が発行されました。昨年7月27日から8月1日に佐賀で開かれた高校文化部の祭典が、高校生ら211人のコメントや写真でよみがえります。
 演劇(えんげき)や合唱など23部門と総合開会式、パレードを開催(かいさい)記録や写真で回顧(かいこ)。運営(うんえい)に携(たずさ)わった生徒や県内外の参加生徒らが、本番までの道のりや大会成功の喜びを文章に込(こ)めました。生徒実行委員会の活動や新聞記事もまとめています。1700部つくり、県内の中学高校や特別支援(しえん)学校、全国の高校文化連盟(れんめい)などに配りました。
 小倉百人一首かるたの生徒委員長を務(つと)めた致遠館(ちえんかん)高2年の吉村(よしむら)祐一(ゆういち)さんは「運営協力校の生徒から『かるたって面白(おもしろ)い』と声が上がった」と喜びをかみしめ、虹の松原(唐津市)のPR活動を発表して郷土(きょうど)研究部門で優良(ゆうりょう)賞を受けた唐津南高3年の大河内(おおかわち)美月(みづき)さんは「これからも活動に力を入れていきたい」と意気込(いきご)みを記しています。
 生徒実行委員長を務めた佐賀清和(せいわ)高3年の佐藤(さとう)雄貴(ゆうき)さん(18)は「“総文ロス”がよみがえる。もう一回やりたい」と笑い、「見に来た人は大会の裏側(うらがわ)を知れて、来られなかった人にも雰囲気(ふんいき)が伝わる冊子(さっし)」と語ります。A4判(ばん)、334ページ。県立図書館などで閲覧(えつらん)できます。(22日付15面)

このエントリーをはてなブックマークに追加