「春キャベツのパスタ」

 煮ても焼いても炒めても、もちろん生でもおいしい万能野菜のキャベツを使ったレシピです。キャベツには特有の栄養素であるビタミンUのほか、ビタミンC、ビタミンK、カルシウムなどさまざまな栄養素が含まれています。

 ビタミンUは、キャベツから発見されたことからキャベジンとも呼ばれています。胃粘膜の修復に作用するといわれており、荒れた胃の粘膜を正常に整える働きがあります。胃腸が弱い人はもちろん、脂っぽいものを食べる時にもあわせて摂取したい栄養素です。

【材料】(2人分)エネルギー428キロカロリー/人

  • キャベツ…150グラム
  • 新タマネギ…1/2個
  • アスパラガス…100グラム
  • ちりめんじゃこ…40グラム
  • ニンニク…1片
  • スパゲティ…150グラム
  • オリーブ油…大さじ1
  • 赤唐辛子小口切り…1本分
  • 塩…小さじ1/2
  • 黒こしょう…少々

【作り方】

  • (1)キャベツは大きめにざく切りする。新タマネギは薄切りにする。
  • (2)アスパラガスは斜め薄切りにする。
  • (3)ニンニクはつぶす。
  • (4)スパゲティはかためにゆでる。
  • (5)フライパンにオリーブ油とニンニクを熱し、香りが出たら新タマネギ、アスパラガス、キャベツ、ちりめんじゃこを加えさっと炒める。
  • (6)(4)に赤唐辛子を入れ、手早く炒め合わせる。塩こしょうで味を調える。

(佐賀女子短期大学 地域みらい学科 食とヘルスマネジメントコース 尾﨑加奈)

このエントリーをはてなブックマークに追加