B3参入1年目でリーグ優勝を飾った佐賀バルーナーズの選手たち=佐賀市の諸富文化体育館(2019年9月28日のホーム開幕戦から)

 バスケットボール男子Bリーグは27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今季の残り全試合を中止することを発表した。3部(B3)は2月24日現在で今季の順位が確定し、佐賀バルーナーズ(佐賀市)が通算成績30勝10敗(勝率7割5分)で優勝した。

 佐賀バルーナーズは2018年4月に結成し、今季からB3に加入した。開幕から10試合で8勝2敗と好スタートを切り、2月15日に行われた東京八王子ビートレインズ戦(37戦目)で首位に浮上してそのまま順位をキープした。

 シーズン終了に伴い、当初予定されていた2部(B2)とB3との入れ替え戦も中止になった。ただ、現在B2のクラブの一つがリーグが定める条件を満たせず、来季のB2ライセンスが不交付となった。そのため、B2ライセンスを交付されるB3の1クラブが昇格することが決まった。ライセンスの交付や昇格クラブは、4月下旬に開かれる予定の理事会で決定する。

このエントリーをはてなブックマークに追加