九州電力玄海原発3号機(佐賀県東松浦郡玄海町)で計画されている、使用済み核燃料プールの間隔を詰めて容量を増やす「リラッキング」について、佐賀県は27日、専門家でつくる県原子力安全専門部会を開き、九電や原子力規制庁から説明を受けた。