佐賀県固定資産評価審議会(福田勝法会長、10人)は12日、固定資産税算定の基礎となる2015年度の土地平均価格の妥当性を審査し、山口祥義知事に「適当」と答申した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加