午前5時、暗く静まり返った山あいで、加工場の明かりだけがともっていた。標高約400メートルの佐賀市三瀬村の井手野地区。中では女性たちが、慣れた手つきで材料を混ぜた生地を練り上げ、丸めていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加