嬉野市の臨時議会は27日、5855万円を追加する2020年度一般会計補正予算案を可決し、閉会した。

 追加補正の内容は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている宿泊施設や飲食店を支援するため、宿泊施設の利用料金を半額にするなどの補助に5300万円。14年度から児童の希望者に学習支援をしている「子ども学校塾」で、休校期間分の学習を補うための追加運営費に356万7千円。マスクや消毒液の購入費に198万3千円。

このエントリーをはてなブックマークに追加