助成金受給の応募を呼び掛ける「とす市民活動ネットワーク」の(左から)木村利予さん、鈴木登美子さん、池上明子さん

 鳥栖市の商業施設「フレスポ鳥栖」内に拠点を置く「とす市民活動ネットワーク」は、法人設立10周年を記念して、地域の課題を自分たちの力で解決しようと取り組む団体に助成金を支給します。4月2日から希望団体を募集します。

 助成金は1団体5万円を上限に6団体に贈ります。鳥栖市、基山町、みやき町、上峰町、吉野ヶ里町で活動している団体が対象ですが、近隣に拠点を置く団体で対象エリア内で活動している場合も応募できます。資金はふるさと納税、寄付金、賛助会費などを充てます。

 5月1日まで募集し、面接審査の上、6月6日にフレスポ鳥栖で贈呈式を行います。鈴木登美子理事長は「とす市民活動ネットワークは住み良い町を自分たちでつくろうと活動している団体です。たくさんの応募を待っています」と話しています。問い合わせは同ネットワークまで。(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加