農林水産省は26日、2020年産の主食用米の作付面積について、都道府県別の意向調査結果を公表した。2月末時点で佐賀など41都道府県が前年並み、福井や大分など6府県が減らす意向を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加