西日本鉄道の倉富純男社長は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、3月の定期券を除く高速バスの運輸収入が前年同月より約6割減るとの見込みを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加