佐賀市は13日、人口減少問題への対応を検討する「市まち・ひと・しごと創生本部」を発足させた。10月をめどに長期ビジョンと総合戦略をまとめる。 秀島敏行市長を本部長に幹部ら22人で構成する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加