元久2(1205)年、鎌倉の鶴岡八幡宮から分霊して建立された神社。「旗上げ神事」「旗下ろし神事」は、日本最古の天気予報と言われる、千年以上続く伝統神事です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加