勤めていたJAさがで、顧客の共済契約を無断で解約して返戻金名目で現金約4千万円をだまし取ったとして、有印私文書偽造・同行使と詐欺の罪に問われた無職の被告(36)=鳥栖市山浦町=は25日までに、懲役2年10月とした一審佐賀地裁判決を不服として福岡高裁に控訴した。24日付。弁護人によると、量刑の見直しを求めているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加