JR九州の青柳俊彦社長は25日の定例会見で、新型コロナウイルスの影響で、今月1~23日に販売した切符や定期券の売上高に相当する「運輸取り扱い収入」が前年同期比で約50%減少したと明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加