【巡回車】

 

 (27日)

 ◆胃がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)

 ◆献血車 9時半~16時=鹿島市生涯学習センターエイブル

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 

【感染症】

 

 (16日~22日)

 報告数の多い疾病は(1)A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=69件(2)感染性胃腸炎=46件(3)伝染性紅斑=16件(4)インフルエンザ=13件(5)水痘、手足口病=12件

 (数字は県内の指定届け出機関の患者数=県感染症情報センター調べ)

 

【アバンセ情報】

 

 ◆LGBTに関する相談

 佐賀県DV総合対策センターでは、多様な性の悩みなどについての相談に臨床心理士が応じる「LGBTに関する相談」を実施している。相談内容の秘密は厳守される。

 相談専用番号は090(1926)8339。毎月第2日曜と第4水曜、14~16時。

 

【譲ります】

 

 ☆猫 生後約1カ月の雑種(黒・8、キジ・1、ハチワレ・1、)。性別不明。鹿島市常広

 

 ☆その他 エレクトーン(高さ95センチ×横115センチ×幅58センチ)。桐タンス(高さ69センチ×横75センチ×幅75センチ)。食卓テーブルセット(高さ70センチ×横81センチ×幅80センチ・2人用)。小城市

 

【展覧会】

 

 ◆第9回荒木淳一油絵展

 (4月8~13日、佐賀市中の小路の佐賀玉屋本館6階ギャラリー)ヨーロッパをテーマに、独自の色彩で温かみのある風景を描く荒木淳一さんの個展。今回はヨーロッパ風景に加えて、荒木さんの庭に住む猫や花を描いたJ’s Garden「荒木淳一の庭」も併せて展覧する。佐賀玉屋、電話0952(24)1151。

 

【イベント】

 

 ◆第14回西多久の春~竹と灯(あか)りとおひな様

 (28日~4月1日、多久市西多久町の森家住宅)明治時代の暮らしぶりを伝える市重要文化財の建物に、手作りのひな人形や、つるし飾りのさげもんを飾る。期間中、隣にある国重要文化財の川打家住宅が開放される。催しは、旧暦の3月3日に合わせて、地域住民たちが毎年開いている。観覧は9時半~16時、入場無料。西多久公民館、電話0952(75)2205(平日のみ)。

 

 ◆櫛田宮みゆき大祭

 (4月4、5日、神埼市神埼町の櫛田宮)2年に1度の祭典。4日のおくだりは19時に櫛田宮を出発し21時過ぎに下の宮に到着。5日のおのぼりは13時に下の宮を出発し16時ごろ本宮に到着する。CSO櫛田の市も5日、門前広場で同時開催する。

 新型コロナウイルスの影響で一部縮小して実施する。当日までに市内で感染者が確認されるなどした場合は5日16時半からの春祭神事のみ行う。電話0952(52)3016。

 

【告知板】

 

 ◆カウンセリング公開講座(養成講座第1課程)

 カウンセリングの基礎を学ぶ講座。電話相談員を志す人、カウンセリングを学びたい人、各種相談業務に携わっている人などに加え、相談員になるつもりのない人でも自己成長のために参加できる。講座は5~7月の毎週水曜または土曜で計11回、佐賀市のアバンセまたはメートプラザ佐賀で。対象は20歳以上で、定員は水・土曜各35人。受講料は1万5000円、学生は1万円。

 応募締め切りは5月1日。問い合わせ・申し込みは佐賀いのちの電話事務局、電話0952(34)4186=平日10~17時。メールlifeline―1998@star.saganet.ne.jpへ。ホームページからも申し込みできる。

このエントリーをはてなブックマークに追加